読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃむぶろ

地方在住の女子大生。日々のことから本の感想まで

大学生ってなにをすればいいの?

自分とはどういう人間なのかちょっと考えたいと思った。

年齢:19歳

職業:大学生1年目(英語を学んでいる)

趣味:寝ること 二宮和也の出ている番組チェック(割と重度のファン)

大学生のうちにやりたいこと:???

 

大学生は時間あるんだから人生最後の夏休みなんだから色々なことに挑戦しないといけない。そんなことをネットで見かけたり誰かに言われたりしたことがあった。

でも、挑戦したいことがない人はどうするの?ないというよりは自分が何がしたいのか全然分からないというのが正しいかもしれない。

 

よく考えたら大学に入ったのも、はっきりとした強い意志があったわけじゃなくて。一般では入れなさそうな大学に推薦で奇跡的に入れてしまって。英語は好きだったけどいうほど海外に憧れがあるタイプでもなくて。

毎日大学に足を運ぶたびに思う、なんで大学に入ったんだろうって。周りの女の子たちがすごく生き生きして見える。みんな夢があって、それにまっすぐ進んでいる気がしてしまう。自分だけ取り残されている感覚が強すぎて、大学に通うことがつらい。自分だけ大学生活を楽しめていない気がする。

こういう気持ちになっているのは自分だけなのかな?

 バイトをしていないから、無駄に考える時間があるのかも?

深く考えすぎだからだめなんだって母親によく言われるし、自分でもそう思う。でもそういう性格になったのは、環境のせいだって思っている部分がある。

まさに原因他人論。(父親から教えてもらった用語を使ってみた)